高卒の就職情報

20代と30代では求められる要素が違う

 高校を卒業後に社会人になった人と、大学を卒業後に社会人になった人では社会経験の差は2年〜4年と大きなものがあります。転職市場では、学歴を重宝するよりも、前職でのスキルや能力、仕事に対して実際にどのような成果をあげたのかが重要視されます。

 

 そのため社会人経験の長い高卒の転職者の方が、即戦力になると考える企業も少なくありません。ただしこの条件も20代30代を対象とした求人が中心となってきます。それだけこの年代には有利な時代とも言えますが、それでも注意点はあります。

 

20代ならば

 

 まず20代では短期間の就労歴が突かれる材料となります。20代で転職をするということは、長くても5,6年、短いと1年未満の勤務で辞めているということになり、この点をどう説明するかが最大のポイントになります。

 

 ただ一方で「興味があったので応募した」という志望動機でも通用する年代でもあるので、「20代のうちにいろいろチャレンジしたいので」を理由にしてもいいでしょう。逆に良くないのは「やりたい仕事をやらせてもらえないので」という理由です。

 

 仕事にはいろいろな分野があります。誰もがやりたい仕事だけをやりたいものですが、それでは職場が回りません。「やりたくない仕事には興味も示さないのか」と受け取られないよう注意が必要です。

 

30代ならば

 

 30代での転職では「何がやりたいのか」を明確にしておかなければなりません。前述したように20代では「いろいろチャレンジしたい」も好意的に受け取ってもらえますが、30代でも同じような考えでは「いままで何を学んで来たの?」と受け取られてしまいマイナス印象に繋がります。

 

 高卒から今までの経験を素に今後はこの分野で専門性を高めて行きたい、といった意欲が求められます。また30代の後半になると管理能力も求められるようになって来ます。特にサービス系や営業系の仕事を希望する場合にはこうした傾向はより強くなっています。