転職においてのコミュニケーションとは

 コミュニケーション能力に関して声高に叫ばれている昨今ですが、言われているほど、コミュニケーション能力が高い必要はありません。大切なのは、報告、連絡、相談の略語である報連相を最低限きちんとやっていれば、さほど問題はありません。他には、適度な愛想程度の雑談を交わしていれば良いでしょう。

 

 仕事をする上では、報告、連絡、相談と最低限のお愛想的な雑談程度にととめ、それ以外において実は、それほど積極的にコミュニーションをとっていく必要はありません。

 

 積極的に、コミュニケーションを取って行って自爆するよりは遠慮がちな方が美しいものです。積極的過ぎると、ある一方では出しゃばりとも見られてしまうからです。

 

 転職直後から仕事を覚えるまでは、お愛想的な社交辞令程度の雑談にとどめておくのが無難です。余計なことを喋って、人間関係を悪化させるより、よほどましです。

 

 あまりにも何も話さないと、不気味がられたり、なにを考えているのか分からない人物などと危険人物扱いされる場合もあるので、適度にお愛想程度の雑談を軽くしていれば良いです。

 

 確かに仕事をする上でコミュニケーション能力は高いに越したことはありません。ですが、世の中、コミュニケーション能力が低い病や性格の人がいることも事実です。そういう方は、仕事の作業量の枠が最初から決まっている職場などへの転職もおすすめです。

 

 コミュニケーション能力が高いことより、もっと大事なことがあります。それは、職場の空気を悪くしない、雰囲気を悪くしないということです。これができていればコミュニケーション能力が低くても嫌われることはありませんし、トラブルを招くこともありません。